サクセスクエスト

理想のアフィリエイトブログを追い求めて(WordPressカスタマイズ・プラグイン導入・アフィリエイト日記・初心者・素人格闘記・札幌移住の勧め)

健康について)長生きしたいのか考えてみた・・・

      2016/02/26

宇宙CG5

妻が、辛いもの好きの僕に「辛いものを食べるとガンになりやすい」というようなニュース記事のリンクを送ってきた。控えた方がいいということだろう。

 

僕は辛いものが好きだ。

特に一味とコショウが好きだ。

人よりも一味とコショウの瓶を振る回数が多い。

カレーを食べる時は一味とコショウ各々15回位は振る。

塩ラーメンはコショウ15回、醤油ラーメンと味噌ラーメンは一味20回。

味噌汁にも一味をかける。

パスタ(トマトベース)にはタバスコを10回と一味5回。

結局は殆どの料理に一味かコショウをかける。

もし、僕の人生から辛いものがなくなったらどうなるかと考えてみた。

食事毎に何かを失ったという喪失感を感じるだろう。

食欲が減衰し、今より痩せてしまうかも知れない。

極端な話、僕の中で全ての景色が彩りを失ってしまうかも知れない。

でも、それらと引き換えに僕は「健康」を得るだろう。

 

ただ、そんな人生は面白いのだろうか?

前に何かで目にしたアメリカンジョークを思い出した。

確か、こんな内容のものだったと思う。


ある男が医師に相談するため病院に行った。

男「長生きしたいのですが、どうすればいいでしょうか?」

医師「そうですか、では先ずは幾つかお聞きします。お酒は呑みますか?」

男「まったく呑みません。」

医師「そうですか、では煙草は吸いますか?」

男「煙草も吸いません。一度も吸ったことはありません。」

医師「わかりました。では生活のリズムはどうでしょう?」

男「毎朝6時に起きて夜は9時に寝ます。365日規則的に生活しています。」

医師「なるほど。では夜遊びなどはしないのですね?」

男「一切しません。もっとも遊ぶ友人も彼女もいませんので。面倒なので一人でいるのが一番です。」

医師「そうですか。私はドライブが好きで、よく海を見に行きます。気持ちがいいものですよ。」

男「車は嫌いです。危ないですから。」

医師「ええ、まあそうですが・・・。では夢はありますか?」

男「夢などありません。日々、地道に生きるだけです。」

医師「それでは今、大切な人はいますか?」

男「父も母も既に他界しました。一人っ子なので兄弟もいません。」

医師「そうでしたか。では、何か趣味はありますか?」

男「特別趣味はありません。」

医師「・・・・・・・・・・何のために長生きがしたいのですか?」


このまま辛いものを食べ続けた場合、60歳で死んでしまうとしたら止めなければならないと思う。

でも、70歳まで生きられるのならば、このまま辛いものを食べ続けたい。(結構セコイ(笑))

程度の問題だと思うが、前述の「男」のように生きたくは無いと思う。

にほんブログ村 アフィリエイト
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

 - LIFE