サクセスクエスト

理想のアフィリエイトブログを追い求めて(WordPressカスタマイズ・プラグイン導入・アフィリエイト日記・初心者・素人格闘記・札幌移住の勧め)

札幌移住のススメ~中心部の眺望(南側)

      2016/02/26

前回に引き続き今回も、札幌市役所最上階19階にある「展望回廊(無料開放)」からの眺望をお届け致します。

今回は南側です。直ぐ目の前は丸井今井の大通館です。

市役所19階展望台南1

この大通から南に3条(約600m)行くと、いわゆる北日本最大の歓楽街「すすきの」があります。この画像の中にも見えている筈ですが、分かり難いですね。

 

市役所19階展望台南2

大通から南西向きです。正面に見えるのは「藻岩山」です。スキー場とロープウェイで登れる展望台があり、「もいわ山麓駅」には札幌中心部からは路面電車(乗車時間20分)とシャトルバス(乗車時間5分)を利用して約30分程で行くことができます。

 

市役所19階展望台南3

南東です。直ぐ目の前にテレビ塔が見えますね。向き的には札幌の隣、北広島市の方向を見ていることになります。

 

市役所19階展望台南4

南側展望台からの展望案内です。前回もご説明しましたが、札幌市は「南北線」「東西線」「東豊線」と3系統の地下鉄路線があります。

南北線の南側終点は「真駒内」駅です。大通駅から9駅目、乗車時間は16分です。真駒内には自衛隊の真駒内駐屯地があります。また、駅からバスで5分程のところに大規模な屋内競技場「真駒内セキスイハイムアイスアリーナ」があり、冬季間はアイススケート場として、夏季は屋内アリーナとして室内スポーツや大規模な集会、ライブ会場としても利用されています。ライブは1万人規模、これまでに名立たるアーティスト達が利用しています。


東豊線の南側終点は「福住」駅です。大通駅から6駅目、乗車時間は11分です。この駅から徒歩5分程度のところに我が北海道日本ハムファイターズのホーム球場である「札幌ドーム」があります。毎年このドームで60~70試合が開催されます。尚、地方球場と東京ドーム開催分を含む2015年のホーム入場者数は1,959,943人ということで、ほぼ札幌市の人口と同等になっています。2015年は我が家も10試合程観戦に行きました。

札幌ドームではサッカーJ2所属、コンサドーレ札幌の試合も行われます。2015年は19試合が開催される予定です。尚、札幌ドームをサッカー場として利用する際は「ホバリングステージ」を使います。これは天然芝のステージで普段は芝を育てるために屋外にあります。縦120m、横85mで重さが何と!8,300t!ステージというよりも芝のグラウンドそのものといった感じです。これを空気圧で7.5cm浮かせ、34個の車輪も使いながら1分間に4mの速度でドーム内に移動します。(野球場→サッカー場→野球場で400万円も掛かるそうです・・・高っ!)

嵐やエグザイル、ミスチル等の人気アイドルや大物ミュージシャンのライブも行われます。大型モニターが2基あり、レーザービーム等の光の演出は素晴らしいものです。


そして、東西線の東側(南東方向)終点は「新さっぽろ」駅となっています。大通駅から10駅目、乗車時間は18分です。この地域は新札幌副都心として開発され、駅直結のショッピングモールや水族館(サンピアザ水族館)などがあります。駅を出て直ぐに青少年科学館という子供が科学と触れ合うことができる施設もあり、我が家ではよく子供を連れて見学に行っています。新さっぽろは計画的に開発された街なので、都市機能が集約されていて正に「新札幌」といった感があります。

他、新さっぽろ駅からバスで乗車時間15分のところに「北海道開拓の村」があります。北海道百年を記念して設置された公営のテーマパークのようなもので、広大な土地の中に開拓過程の生活や産業、経済、文化の歴史を示す建物(洋館や和風建築)が移設、復元して保存してある野外博物館となっています。施設内には馬車鉄道(冬季は馬そり)が走り、季節毎に数々のイベントも開催されています。

尚、新さっぽろ駅二つ手前の「大谷地」駅から徒歩20分のところにコンサドーレ札幌のホーム「厚別競技場」があります。(バス路線もあります)


このように、札幌はレジャーや観光施設が多くあり、スポーツやライブも観戦できるという非常に整った環境の都市になっています。

大人も子供も、心からいきいきとした生活を送ることができる街です。

特に日々汲汲とされている方々は是非との札幌への移住をご検討頂きたい思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

 - 札幌移住のススメ